特集記事

特集記事内を

2021年09月13日
No.10002458

注目のFCビジネス
ゴルフ・ドゥ 年商2億円超の大型FCビジネス
ECサイトや在庫共有システムなど売上げ強化サポートも万全

街道沿いを走る車からもよく目に付く外観

中古ゴルフショップ『ゴルフ・ドゥ!』は直営店・FC加盟店合わせて全国に74店舗。コロナ禍にも関わらず、売上げが前年比110%〜120%(2020年6月〜3月)で推移。他の業態で軒並み売上げが減少している中、安定して成長を続けているFCビジネスとして注目を集めている

売上げが安定して伸びている理由は、ゴルフが比較的三密を避けやすいレジャーとして認知されるようになったこと、そして日本人プロゴルファーの海外での活躍で、20〜30代の若者を中心に人気が高まっていることだ。

『ゴルフ・ドゥ!』の大型店(店舗面積150〜200坪)は、中古クラブ約3000本という豊富な在庫量、ゴルフクラブやゴルフ用品の買取・販売業務に加えグリップ・シャフト交換などのリペア業務で、年間の売上げは2億円以上というスケールの大きなFC事業だ。

1店舗ごとに加盟契約する標準的なFCに加え、各エリアを独占運営契約するエリアFCの形態があり、資金力に応じた事業形態を選択できる。中古ゴルフショップの平均客単価は、1万円〜1万1000円と高く、広告費や人件費を抑えながら効率良く売上げや利益を確保できる強みがある。

店舗面積150坪の場合、中古クラブ・新品クラブ・ゴルフ用品を合わせた平均在庫額は5500万円、売上げは年2億2400万円。年間回転率が4・07回、粗利率が40%と高い。在庫リスクを軽減していることも、安定した利益を生み出す要因になっている。

多彩な品揃えと独自の陳列で来店者を魅了する店内

『ゴルフ・ドゥ!』は設立から21年、長年積み重ねた豊富なノウハウを活かし、開業の際は商圏リサーチをはじめ、店舗運営や競合店対策など的確なサポートをしてくれる。中古ゴルフショップの経営は初めてという場合でも、「オリジナルPOSシステム」により随時適正な買取・販売価格がわかるので、運営で困ることもない。

『ゴルフ・ドゥ!』は、月間訪問者数100万人のオリジナルECサイトを運営。来店しないユーザーに対しても自店のゴルフクラブを販売することができる。売上げの中で占める割合は平均で約15%と、店舗にとって貢献度の高いサイトになっている。また、他の店舗と在庫を共有する「まっすぐネット」を利用すれば、自店にないクラブの取り寄せも可能。さらに、店舗からのクーポンやお知らせを通知する公式アプリ「DO‐PON!」を活用することで、集客力強化を図ることもできる。

開業費用の目安は、練習場プラン(20坪)で2040万円、100坪未満のAプランで3850万円(80坪の場合)、100坪以上のBプランで6360万円(150坪の場合)となっている(物件取得費、工事費、消費税は別途)。初期投資回収は、3年〜5年。土地や建物の余剰物件を保有し、短期間で大きく売上げを伸ばしたいというホール法人にも最適なFCビジネスと言えそうだ。

株式会社ゴルフ・ドゥ
本社/埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-1
https://www.golfdo.co.jp/
FCビジネスサイト
https://www.golfdo.co.jp/fc/
問い合わせフリーダイヤル
0120-162-171

【関連記事】
株式会社ゴルフ・ドゥ 純利益3.6倍の秘密は向上心を養う仕組みづくり
佐久間功社長インタビュー



関連記事