images

二次的な被害で潰れるパターンもあるとは思いますが、卸売り業もやられるのか。
収入のほとんどがパチンコ屋だったのでしょうか。


1月の長崎県内の倒産件数は2件で、このうち1件は新型コロナの影響による菓子類卸業の倒産でした。

民間の信用調査会社・帝国データバンクによりますと、1月の長崎県内の企業倒産は2件で、負債総額は3億4300万円といずれも前の月より減少しました。このうち1件は菓子類卸業の長崎県菓子販売で、去年の緊急事態宣言で取引先のパチンコ店の稼働が落ち込だことで資金繰りが悪化し倒産しました。負債額は3億2800万円で、新型コロナ関連の倒産は3か月連続となりました。帝国データバンクは「飲食店の納入業者などは資金繰りが厳しく、中小零細企業の事業継続が危ぶまれる事態」としてます。
 引用元:yahoo!ニュース

パチンコ店が潰れたらどれくらいの業種が打撃を受けるのか。

まさかウイルス1つで世界がこんなことになるなんてと、1年経っても思いますが終息には向かっているのでしょうか。

昨日の人出を見ると、人々の感覚だけは日常に戻りつつある気がします。