ニュース

ニュース内を

2022年07月01日
No.10002907

神奈川福協が県内3団体に900万円

前方左から、並木会長、伊坂会長、松森事務局長

神奈川福祉事業協会は、日本赤十字社神奈川県支部、神奈川県共同募金会、神奈川県新聞厚生文化事業団に総額900万円を寄付した。寄付目録贈呈式が6月30日に神奈川県遊技場協同組合会館で行われ、伊坂重憲会長が日本赤十字社神奈川県支部の松森繁事務局長と、神奈川県共同募金会の会長で、神奈川新聞厚生文化事業団の理事長でもある並木裕之氏に目録を贈呈した。
 
伊坂会長は「昭和60年以来、県内の遊技業界が一体となってさまざまな社会貢献を継続してきた。社会情勢や経済状況が変動していく中で、本当に必要なもの、心から喜んでいただけるものを見極めて支援するべく試行錯誤している。3団体への寄付は、社会福祉車両の公募事業や救急車両の寄贈、障がいを持った子どもや家族を対象にした空の旅の企画など、当協会の福祉目的に即した活動に役立てていただいている。これからも福祉の火を絶やさずに頑張っていきたい」と挨拶。松森事務局長と並木会長は「継続した支援に、誠に感謝申し上げます」と謝辞を述べた。


関連記事