ニュース

ニュース内を

2022年05月12日
No.10002792

啓発週間に三者討論動画を公開へ
5月14日からギャンブル等依存症問題啓発週間

パチンコ・パチスロ依存問題フォーラム実行委員会は5月14日から、パチンコ・パチスロの依存問題に関する各種啓発活動を実施する。12日にTwitterで告知した。


現在までに分かっている具体的な活動は、パチンコ・パチスロ産業21世紀会のWebサイト「安心娯楽宣言」で啓発動画を公開すること。ぱちんこ依存問題の相談機関である認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワークの西村直之代表理事(精神科医)と中島大輔相談員、諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授による三者討論が予定されている。

同実行委員会は、パチンコ・パチスロ産業21世紀会と一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構で構成されている。昨年にはWebフォーラム「『パチンコ依存』って何? ~専門家の方々に聞いてみました!~」を企画。西村代表理事や篠原教授など、5人の専門家による動画をYouTubeに公開した。

ギャンブル等依存症対策基本法は、ギャンブル等依存症問題への関心と理解が国民に広く深まるよう、毎年5月14日から5月20日までを「ギャンブル等依存症問題啓発週間」と定めている。


関連記事