ニュース

ニュース内を

2021年07月19日
No.10002375

日本遊技機工業組合
日工組が28時間生配信イベント開催へ
8月13日・14日 みんなのパチンコフェスONLINE2021「28時間真夏のパチンコ頂上決戦」

左から日工組の盧昇副理事長、榎本善紀理事長、星野歩副理事長

日本遊技機工業組合、パチンコ・パチスロ生活向上委員会は8月13日から14日にかけて、みんなのパチンコフェスONLINE2021「28時間真夏のパチンコ頂上決戦」を配信する。7月15日に開催された記者発表会で概要を説明した。

日工組では2019年2月、東京・秋葉原でリアルイベントの「みんなのパチンコフェス」を開催。2日間にわたり来場者に新規則パチンコの魅力を伝えた。今回のオンラインイベントはそのオンライン版という位置づけになる。

記者発表会では冒頭、榎本善紀理事長が「あれから2年半、新型コロナウイルスの世界的パンデミックが起きて、パチンコ業界も危機的状況にある。その間、日工組としてゲーム性の拡大に努めてきた。新しいゲーム性に富んだパチンコがこの夏以降に続々と出てくる予定で、その魅力を一人でも多くの人に伝えたい」と開催の目的を語った。

その上で「この秋から来年の1月にかけて旧規則機の撤去が本格化するが、業界を盛り上げるためにファンが喜ぶような新しい機械をホール様に入れ替えていっていただきたいという思いもあり、このタイミングでイベントを開催することになった」と述べた。

イベントの趣旨について盧昇副理事長は「今回はお笑い芸人やパチンコライターの方々のパワーをお借りして、パチンコの魅力を伝えてきたい」と説明。「みなさまの興味をそそるようなニューマシンとキャスティングのパワーで興味をもってもらいたい」と話した。

配信する番組は大きく分けて4つのジャンルで構成される。「パチンコ実践コンテンツ」では、パチンコ実践バトルやパチンコバラエティバトルなど、実機を用いたチーム対抗戦と、特定の演出出現等でポイントをゲットするパチンコバラエティバトルなどでパチンコの楽しさを伝えていく。

「エンタメバラエティコンテンツ」では25時間チャレンジ企画やお笑い芸人によるパチンコネタ披露、パチンコライターによるパチンコお悩み相談など、パチンコの持つエンタメ性やコンテンツ力を通じてパチンコの魅力を伝えていく。

「日工組発信コンテンツ」では、パチンコ業界の取り組みを紹介し、業界全体のイメージアップを図る番組を用意する。番組内でのプレゼント企画など「視聴者参加型コンテンツ」もあるという。

出演者はノンスタイルの井上裕介さん、椿鬼奴さん、FIJIWARAの2人のほかパチンコライター、パチンコ系ユーチューバーなど総勢30人以上。豪華出演者が真夏のパチンコ頂上決戦を盛り上げる予定だ。番組情報や出演者情報は15日から公開されている公式サイトや日工組公式【パチンコ・パチスロ生活向上委員会】Twitterで随時発信していくという。

【開催概要】
名称 みんなのパチンコフェスONLINE2021「28時間真夏のパチンコ頂上決戦」
開催日時 2021年8月13日(金)19時~8月14日(土)23時
主催 日本遊技機工業組合、パチンコ・パチスロ生活向上委員会
配信
<YouTube>
パチンコ頂上決戦⚡2021(みんパチフェスONLINE)
<Twitter>
「パチンコ・パチスロ生活向上委員会」


関連記事