ニュース

ニュース内を

2021年03月23日
No.10002206

フィールズ
3大超革命がすべての6号機を過去にする!
『パチスロ 百花繚乱 サムライガールズ』プレス向け説明会

フィールズは3月18日、上野のショールームで、『パチスロ 百花繚乱 サムライガールズ』(エンターライズ社製)のプレス向け説明会を開催した。「コロナ禍が収束していない状況だが、市場活性化の一助となるよう十分な感染対策をした上で実会場での開催に踏み切った」(販売促進部プロモーション課 阿久津貴士さん)。

機種プレゼンテーションを行ったのは、カプコンの広報担当者。本機が3つの斬新な機能を搭載し、6号機最高峰の出玉力を実現している内容を具体的に解説した。

開会の挨拶を行ったフィールズの阿久津さん

本機のキャッチコピーは、「3大超革命がすべての6号機を過去にする!」。3大超革命とは、①初当りから大量のボーナスストックを可能にした「全集中抽選」 ②軽い初当りと最強クラスの出玉性能を両立させた「繚乱スペック」 ③溜めた期待感を報酬へと変換する「出玉完走システム」のこと。6.1号機ならではのゲーム性と出玉のポテンシャルが特徴だ

[全集中抽選(周期判定演出)]
通常時獲得した「忠Pt」を使ってボーナスの周期抽選をするのが基本的なゲーム性。1000Ptで1周期だが、獲得したPt分を一気に開放してしまうのが大きな特徴で、例えば5000 Pt貯まっていれば5周期分の抽選結果をバトル演出などで判定、大量のボーナスストックを狙うことができる。バトルは最大4連戦、勝利するたびにボーナスをストックする。

[忠Pt獲得特化ゾーン突入のカギを握る百花メダル]
画面上に百花メダルがあれば高確率状態濃厚で、忠Pt獲得特化ゾーンである「ハーレムあたっく」「ブライドロード」に突入しやすくなる。忠Pt獲得チャンスを可視化したもので、メダルは全役&ボーナスで獲得抽選を行っている。

[軽い初当たりと最強出玉性能を両立させた繚乱スペック]
本機は、ベース約38.7G。ボーナス初当たり確率は1/233.0(設定1)〜1/132.1(設定6)と高設定域ではAタイプ並の軽さ。ベースを低くした分、初当たりの軽さに寄せている。2000枚オーバー率が設定1で70%以上、勝率40%以上と低設定でも暴れやすくなっている。「6号機は設定6でも出玉が穏やか」と言われるが、本機は設定が高くなれば高くなるほど出玉性能を発揮するため、急角度の上昇グラフも期待できる。

ソーシャルディスタンスを十分に保った記者席

[昇格する特化ゾーン]
忠Pt獲得特化ゾーン「ハーレムあたっく」を規定回数継続すれば、忠Pt大量獲得が期待できる「ブライドロード」に昇格する。「ブライドロード」は本機最大の叩きどころで、継続率86%、平均8000忠Ptを獲得できる。さらに上位の「ブライドロード PLATINUM」では、5桁上乗せが継続率90%でループ。期待獲得枚数1500枚+αと超ミラクルな特化ゾーンだ。

[いついかなるときでもチャンスがある出玉完走システム]
百花メダルを大量に保持していると「繚乱ボーナス」発生する可能性がある。例えばATが800G継続した場合、有利区間の上限1500Gまでの残り700G間、または獲得枚数の上限2400枚まで、持っている百花メダルを枚数に換算して放出する。「溜めた期待感を報酬へと変換する」仕組みだ。

[多くのファンをもつ人気コンテンツ]
『パチスロ 百花繚乱 サムライガールズ』の原作は小説『百花繚乱サムライガールズ』。アニメ・OVA化されたほか、ゲームやパチンコ・パチスロ化などクロスメディア展開をしている。徳川幕府による治世が続く日本という世界観の中で、歴史上の剣豪・武将の名前を持つ魅力的な美少女キャラクターが繰り広げるバトルアクションだ。

導入は6月上旬を予定している。

試打も間隔を空けて行った


関連記事